小学校教諭・特別支援学校教諭・幼稚園教諭・保育士を目指すなら育英義塾 – 在校生・卒業生の声

在校生・卒業生の声

先輩からのメッセージ

実際に育英義塾に通う先輩や、通っていた卒業生に“育英義塾の魅力”について語ってもらいました!!

在校生・卒業生の声

徳元 琴美(首里高校卒業)心理教育学科

特別支援学校教諭を目指して頑張っています!

育英義塾教員養成学院では、教師とは何かについて学んだり、授業をする上で大切なことや、子どもたちとどのように接したらいいか等を勉強していきます。教師の立場として、子どもたちの目線を重視しながら学習していくので、多くの発見ができます。
また、特別支援学校の教員として配慮すべきことなども学ぶことができます。模擬授業もあり、先生方が優しく教えてくれるので、一人一人が目線に向けて日々頑張れる環境だと感じています。

神里 俊吾(具志川高校卒業)心理教育学科

教材研究で実践的な技術が身に付きます。

 育英義塾では、明星大学との通信教育で小学校1種免許や幼稚園、特別支援学校1種免許が取得できます。私も高校卒業後に個々に入学して、目標である小学校教諭を目指して頑張っています。
教材研究の授業では、自分で指導案を書いて実際に皆の前で授業をするので、実践的な技術が身につきます。

知花 貴人(読谷高校卒業)心理教育学科

仲間と切磋琢磨しながら学んでいます。

 私は、現在2年次として育英義塾に在籍しています。入学を決める当初は、授業内容や質などどうしても大学に劣るのではないかと考えていました。しかし、その期待を見事に裏切りました。講師陣は、元校長をはじめ、教頭などを経験し、実際に現場の第一線で教鞭を執っていた先生方です。
育英義塾の特徴として、早期から模擬授業や少人数での授業なので、切磋琢磨しながら学ぶことができます。学校では、講師陣の授業を受け、模擬授業を通して自分のスキルを磨くことができ、それを還元できる場としての学習支援ボランティア活動があります。
つまり、育英義塾では、すぐに現場でも通用するような知識や経験ができます。私も教員になるために、日々仲間たちと切磋琢磨して頑張っています。教員を志す人にとって、育英義塾は最高の学び舎になると思います。

渡久地 里美(西原高校卒業)心理教育学科

平成28年度 沖縄県教員採用試験合格!

 合格発表までの長い道のりには、先輩方や友人、講師の先生や仲間の励ましやアドバイスなどたくさんの支えがあり、乗り越えることができました。そして、「絶対合格して教師になる!」という目標を持って取り組んだ毎日は、今振り返ればとても充実した物でした。
今後は、これまでの経験を生かして、子どもたちの成長を支え育てていける教師になるよう努めます。

与儀 杏心理教育学科

平成24年度小学校教員採用試験合格!

私は高校を卒業してすぐに育英義塾へ入学しました。
在学中から多くの講師の方々にお世話になり、卒業時には明星大学卒業証書(学位記)や小学校教諭1種免許状を取得しました。
育英義塾では小学校教員免許取得の他に、採用試験対策講座も行っているため、安心して対策ができました。育英義塾の最高の講師陣に出会えたからこそ、採用試験に合格できたと思います。
試験結果を、学生時代から面倒を見て下さった講師の方々へご報告できたこと、そして、合格を大変喜んでくれたことは、私にとっても大きな喜びです。これからも、人との繋がりを大切にしながら、子どもたちのために励んで行きます。

仲宗根 啓一郎さん心理教育学科3年

小学校での教育実習に向けて

私達は、子どもたちから慕われる立派な教師になるため、日々努力しています。授業では、「教師論」という講義で教師とは何かという話を聞いたり、自分たちで話し合ったりしています。まだまだ未熟な私達ですが、少しずつ進歩しているという実感があります。
3年生になると実際に小学校で教育実習があります。実際に現場で働いている教師や生徒と関わることで、いろいろなことを学んでいきます。何も勉強しないで小学校へ行っても通用するわけがありません。そういったことがないように、私達の学校では模擬授業を行っています。
まず、指導案をかいて、講師の先生や他の生徒に自分の授業を見てもらい、そこからアドバイスをもらいながら授業の進め方を習得していきます。教育実習では恥のないよう頑張っていきたいと思っています。

西條 里香子さん心理教育学科4年

明星大学沖縄スクーリングの授業について

明星大学沖縄スクーリングでは、明星大学の先生が東京から沖縄へ来て、直接授業をしてくれます。
授業は、グループで調べて発表する演習授業が多く、自分達の興味のあることについて調べて楽しく学ぶことができます。
それぞれのグループによってテーマが異なるので、多彩なジャンルについて学ぶことができます。
発表方法も様々で、授業形式で行ったり、劇をしたり、パワーポイントを使って発表したりと表現力を身に付ける良い機会でもあります。
仲間と楽しく学べるところに魅力を感じています。

我那覇 政信さん保育福祉学科2年

附属園での充実の学校行事

育英義塾教員養成学院には、附属園として育英義塾幼稚園があり、園児と一緒に創立記念祭(育英カーにバル)を祝います。
私達のクラスは迷路づくりを担当しましたが、迷路作りは最初から最後まで大変でした。
まずはものすごい数の段ボールを集め、段ボールを組み立てて箱形にして、迷路の形を決めてそれに合わせて迷路を作りました。
クラスの仲間達と数日かけて頑張りましたが、当日は子ども達の喜ぶ顔を見ることができ本当にうれしかったです。
クラスの仲間や子ども達と最高の思い出になりました。

湧川 あずささん保育福祉学科2年

附属園の発表会をお手伝いして

子どもたちは自分の番を待っているときは、ふざけたり少し緊張していましたが、いざ発表が始まるとみんな目をきらきらさせて一生懸命お遊戯したり演奏していたので、私はとても感動し泣いてしまいました。
私は連絡係をしましたが、不慣れな私に子どもたちはなかなか言うことを聞いてくれず、うまくいきませんでしたが、園長先生や担任の先生の声かけ一つで、園児達が集中して他のクラスの発表を見ていたのでびっくりしました。わたしも園長先生や担任の先生のような先生になりたいと思いました。

金城 茜さん保育福祉学科2年

附属園でのお誕生会発表

育英義塾教員養成学院には、附属園として育英義塾幼稚園があるので、授業で学んだ保育実践を幼稚園で発表することができます。
私達は今回、幼稚園のお誕生会に向けて、フィンガーアクションと「これ、なーんだ」の2つを練習しました。曲に合わせて自分たちで振付を考え、何度も練習を重ねました。
お誕生会当日では、子どもたちの反応はとても良く、一緒に手の動きをまねしてくれる子、歌ってくれる子、踊りだす子もいて、同じ時間を楽しく過ごすことが出来て本当に楽しかったです。